美容室・ネイル・エステ・サロン管理ソフトウェアーParadise(パラダイス)サロンPOSシステム

ヘッダー

ポイントの利便性
サロン管理システムParadiseの運用♪
サロンワークで顧客管理は必要不可欠なのですが、システムを導入して管理をスムーズにしようとしても 顧客データを毎回会計時に検索し、呼び出す作業は面倒だと感じる事もありますし、混雑時にお客様を待たせる事になります。 その結果、今まで通り伝票で会計処理をして手の空いている時にシステムへ入力しなければならなくなり せっかくシステムを導入しても作業負担が増えてしまいます。

その点、ポイントカードと連動するシステムはお客様が提出したポイントカードを読み込むだけで 顧客データを呼び出す事ができ非常に便利です。ただし、安易にポイントラリーを始めるとボディーブローのように売上に響く事もあります。 あちこちのお店で使えるポイントカードならまだしも、自店のみで利用できるポイントでは、かなり大きな割引に使用できない限り お客様にあまり喜んでいただけない場合が多く見受けられます。お店の負担金額は意外に大きくお客様にはあまり喜んで頂けませんし、 キャンペーン時のみポイントを加算しないという運用方法もマイナスイメージを与える事もあるでしょう。

【ポイントサービスとノベルティーグッズ提供の比較】
[1]一月の売上が100万円のお店で、売上の5%をポイントを付与した場合、毎月5万円のポイント買掛金が発生すると考えてみます。 しかし、実際に使用されるポイントは一般的に30%/月程度なので

100万円×5%=5万円→5万円×30%=15000円となり
毎月15000円程度の割引するサービスとなります。 100人の顧客が来店し、一人当たり10000円の支払いをして頂き、150円の割引サービスとなります。

[2]一方、同じ条件のお店でローションやクリーム、ポーチなどのノベルティーグッズを15000円分お客様に配った場合 仕入れ150円の商品であれば毎月100人のお客様に配布する事が出来ます。
しかも販売価格500円の商品を150円で100個仕入れれば お客様は500円の商品を頂けた!と思い喜んで頂ける場合も多いでしょう。

あくまでも長年ポイントカードシステムを販売し続けた当社の経験での事であり、もっと素晴らしいポイントラリーの運用方法も あるとは思いますが、ポイントラリーを始める時は、安易に始めるのではなく市場や自店の状況を充分考慮した方が良いと思います。

card

【ポイントカードを不正防止に利用する】
サロンチェーン店において、不正会計を防止する為にポイントカードを導入する場合が多くあります。 不正管理対策をする事で、働く側もいらぬ疑いをかけられる事がなくなり安心して働く事が出来ます。 そんな環境づくりを提供することも雇う側には必要なのかもしれません。

全ての顧客にポイントカードを持って頂き、会計時に必ずポイントカードを提示させる事で ポイント数と売上の帳尻が常に一致する事になります。会計処理をせずにお会計を済ませてしまおうにも お客様がポイントカードを提出すれば、ポイントを付与しなければならなくなり、全てのお客様に会計処理をしなければ ならなくなります。このようは運用でポイントカードを導入するサロンチェーン店様も多くあります。

【ポイントラリーをせずにメンバーズカードのみを発行する】
文字を書き換えできるポイントカードの費用負担は高額な為、バーコードを読むタイプの比較意的低額なカードを利用し スムーズな会計処理をする為だけにメンバーズカードを発行しているサロンも見受けられます。 この場合、ポイントラリーはぜずに、メンバーに特典を与えたりポイント付与のみをして特別なお客様のみサービスを提供し そのサービスをポイント減算し管理しているお店もあります。またParadiseには、VIP会員、Gold会員などメンバーを区分けして 管理する機能も搭載しております。
カードを読み込むだけで顧客データを呼び出す会計処理は非常にスムーズです。

画像
ポイントTOP
cti
購入はコチラ